トリグリセリドとは 高脂血症 情報Bank! 『高脂血症の予防法』

トリグリセリドとは 高脂血症予防の基礎情報



トリグリセリドとは中性脂肪の一種のことです。

 TGトリグリセライドと呼ぶこともあるので健康診断の結果の記述には注意が必要です

トリグリセリドは・メタボリックシンドローム高脂血症の判断基準数値にもなっており、非常に重要です。

トリグリセリド値150mg/dl以上になると「高トリグリセライド血症」となります。

高トリグリセライド血症とは高脂血症の症状のひとつで、患者数は女性よりも男性が多く、アルコールの飲みすぎや糖分の摂りすぎが主な原因です。
また、糖尿病肥満脂肪肝に合併するケースが多く注意が必要です。

メタボリックシンドロームはトリグリセリド値150mg/dl以上の他に、ウエスト径や血圧・血糖値などの基準値があります。

メタボリックシンドローム詳細

トリグリセリドは、皮下脂肪として蓄積しやすい傾向があります。
内臓脂肪とは違い、皮下脂肪をおとすのは一苦労です。

高脂血症解消には、日頃から生活習慣を改善し、過剰なエネルギー摂取を控え、適度な運動を!





B1F4C9AE.bmp生活習慣病情報Bank!は各症状別に詳細サイトを構築中!

症状別のくわしい情報は下記「各情報Bank!」をご覧下さい


 生活習慣病総合情報
   こちら⇒ひらめき生活習慣病情報Bank!

 内臓脂肪型肥満総合情報
   こちら⇒ひらめき内臓脂肪型肥満情報Bank!

 糖尿病総合情報
   こちら⇒ひらめき糖尿病情報Bank!

 高血圧総合情報
   こちら⇒ひらめき高血圧情報Bank!




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。