高脂血症の患者数 高脂血症 情報Bank! 『高脂血症の予防法』

高脂血症の患者数と実態 高脂血症予防の基礎情報



高脂血症の患者数は、平成12年厚生労働省の調査によると、中性脂肪コレステロールが高い高脂血症の方と、高脂血症と適正値の境界の方、つまり高脂血症予備軍も入れると、2,200万人もいます。

国民栄養調査から見ると、男性は30代から、女性は50代からほぼ2人に1人が高脂血症の状態にあると考えられます。
これは、大変な数値です!

しかも、自分が高脂血症であることを自覚していない方が多いのも大きな問題点です。
自分が高脂血症であると自覚している人はわずか30%(平成11年国民栄養調査)しかいません。

平成12年に総理府が行った「生活習慣病に関する世論調査結果」によると、同じ生活習慣病である「糖尿病」や「高血圧」に比べると高脂血症は軽視される傾向があり、本当の怖さが認識されていないようです。

このあたりが、患者数の多さに現れているのではないでしょうか?

高脂血症の発症原因の8割が日頃の生活習慣に起因しています。

高脂血症の本当の怖さを再認識し、1日も早く生活習慣を改善し、高脂血症を予防しましょう!




B1F4C9AE.bmp生活習慣病情報Bank!は各症状別に詳細サイトを構築中!

症状別のくわしい情報は下記「各情報Bank!」をご覧下さい


 生活習慣病総合情報
   こちら⇒ひらめき生活習慣病情報Bank!

 内臓脂肪型肥満総合情報
   こちら⇒ひらめき内臓脂肪型肥満情報Bank!

 糖尿病総合情報
   こちら⇒ひらめき糖尿病情報Bank!

 高血圧総合情報
   こちら⇒ひらめき高血圧情報Bank!





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。