コレステロールとは 高脂血症 情報Bank! 『高脂血症の予防法』

コレステロールについて 高脂血症予防の基礎情報



コレステロールというと、悪者のイメージがあります。
しかし、本来は体を構成する細胞膜の成分ある種のホルモンの原料胆汁の原料であり、体にとって非常に重要な成分なのです。

コレステロールは食品から摂取されるイメージがありますが、実はコレステロールの70%は肝臓など体内で作られています。

コレステロールは、運ばれるリポ蛋白の種類により(HDL)善玉コレステロールと(LDL)悪玉コレステロールの2種類に別れます。


HDL善玉コレステロールの働き

HDLは余分なコレステロールを血管壁から抜き取って肝臓に戻し胆汁にして排出します。

この働きにより、コレステロールが血管壁内に取り込まれたり、沈着して血管の内腔を狭めたり、血管の壁を硬化させたりして、血液の流れを悪くするのを防いでいます。


LDL悪玉コレステロールの働き

HDLがコレステロールを末しょう組織から肝臓に運搬するのに対して、LDLは肝臓から末しょう組織へコレステロールを運搬するという全く逆の働きをします。

悪玉と言われていますが、体内で必要なコレステロールを運ぶ重要な役割を担っています。

しかし、LDL血液中に増加しすぎると、体の隅々に運ばれるコレステロールが増えてしまい、狭心症心筋梗塞などの虚血性心疾患脳梗塞などの脳血管障害大動脈りゅう末しょう動脈硬化症などの発生率が増加します。


コレステロール自体は人体にとってとても大切なものなのですが、適切なコントロールも必要です。

コレステロールをしっかりセーブし高脂血症を予防しましょう!





B1F4C9AE.bmp生活習慣病情報Bank!は各症状別に詳細サイトを構築中!

症状別のくわしい情報は下記「各情報Bank!」をご覧下さい


 生活習慣病総合情報
   こちら⇒ひらめき生活習慣病情報Bank!

 内臓脂肪型肥満総合情報
   こちら⇒ひらめき内臓脂肪型肥満情報Bank!

 糖尿病総合情報
   こちら⇒ひらめき糖尿病情報Bank!

 高血圧総合情報
   こちら⇒ひらめき高血圧情報Bank!





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。