高脂血症とは 高脂血症 情報Bank! 『高脂血症の予防法』

高脂血症とは 高脂血症予防の基礎情報



高脂血症とは、血液中の血清脂質の値が異常に多い状態をいいます。
血清脂質は人が生きていくのに必要な成分ですが、増えすぎると体のバランスが崩れてしまい、動脈硬化等を進行する原因になります。

血清脂質にはコレステロール中性脂肪トリグリセリド)・リン脂質遊離脂肪酸などがあります。

高脂血症は4つのタイプに分類されます。

 ・悪玉(LDL)コレステロール値が高い場合:「高コレステロール血症」
 ・トリグリセリド(中性脂肪)値が高い場合:「高トリグリセリド血症」
 ・両方が高い場合:「複合型高脂血症」
 ・善玉(HDL)コレステロール値が低い場合:「低HDLコレステロール血症」

どの成分も適正な値になっていることが必要で、高すぎても低すぎても治療の対象になります。

適正な数値基準は下記の通りです。

 ・血清総コレステロール値:220mg/dl以上
 ・トリグリセリド値(中性脂肪):150mg/dl以上
 ・HDLコレステロール値:40mg/dl未満  
 ※HDLコレステロールは善玉コレステロールで少なすぎると注意が必要
 ・LDLコレステロール値:140mg/dl以上

高脂血症は、家族性高コレステロール血症以外、初期には自覚症状が全くありません
しかし、国内外で行われた大規模な調査で、コレステロール値が高いほど心狭心症心筋梗塞脳梗塞などになりやすいことがわかっています。

高脂血症を予防するためには、定期的に健康診断を受診する必要があります。




B1F4C9AE.bmp生活習慣病情報Bank!は各症状別に詳細サイトを構築中!

症状別のくわしい情報は下記「各情報Bank!」をご覧下さい


 生活習慣病総合情報
   こちら⇒ひらめき生活習慣病情報Bank!

 内臓脂肪型肥満総合情報
   こちら⇒ひらめき内臓脂肪型肥満情報Bank!

 糖尿病総合情報
   こちら⇒ひらめき糖尿病情報Bank!

 高血圧総合情報
   こちら⇒ひらめき高血圧情報Bank!





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。